富士山頂短期滞在が心臓および動脈系血行動態に及ぼす影響に関する研究

Studies on the effects of short staying at the summit of Mt. Fuji (3,776 m) on cardiac and arterial hemodynamic responses

 

浅野 勝己
Katsumi  ASANO
筑波大学名誉教授
Emeritus professor of Tsukuba University

共同研究者

 岡崎 和伸       大阪市立大学
堀内 雅弘       山梨県環境科学研究所


研究の概要

急性高山病は頭痛を起こし重症化すると脳浮腫などの致命症にもなりかねない。しかしその発症の仕組みは明らかにされていない。そこで富士山頂滞在時に安静および運動時の脳内動脈の血流速度をこの数年間にわたり測定し、頭痛発症者では平地に比し特に増加する傾向を確認した。今後、性および年齢などによる反応特性について検討を進めたい。

(英文表記)
In the previous studies performed in 2010, 2011, and 2012, we showed results that vasodilation of cerebral arteries and increased cerebral blood flow, which was caused by an increased sympathetic activity to the decreased oxygen partial pressure at high altitude, would be associated with the development of headache at altitude and/or acute mountain sickness (AMS). The purpose of the study in this year is assess the effects of short staying at the summit of Mt. Fuji (3,776 m) on cardiac and arterial hemodynamic responses.

研究目的
高所滞在時に見られる脳血流量の増加をもたらす要因が、心拍出量の増加に起因した受動的な血流量増加によるのか、あるいは、脳血管の炭酸ガス感受性の変化に伴う脳血管拡張に起因した能動的な血流量増加によるのかを明らかにし、頭痛などの急性高山病の発症要因を特定すること。 

 

内外の関連研究の中での位置づけ
急性高山病の主訴である頭痛の発症機序については未だ十分に解明されていない。高所滞在時の脳血行動態や心血行動態に関する研究は多々あるが、実際の高所滞在時において縦断的にこれらを測定し、頭痛などの急性高山病の発症機序を検討したものは極めて少ない。本研究は、頭痛などの急性高山病の発症機序を明らかにする上で有意義であり、また、学術的にも価値が高い。 

 

期待される成果
高所滞在時に見られる脳血流量の増加をもたらす要因が特定されることが期待できる。これらの成果から、頭痛などの急性高山病の発症機序の一端が明らかになることが期待される。近年、6,000 m以上の高所登山時や作業時における急性高山病に関連した遭難事故死の発生率は、毎年、2.1%にも達している。急性高山病の発症機序を解明し、その改善策を確立することは極めて重要である。 

 

社会への還元
上述の成果が期待される。本研究の成果は学術会議などで発表し、また、本研究の成果から得られた一般に有用な情報は、講演などで広く社会に還元する。 

 

富士山測候所を使うことのメリット
わが国の最高峰(3776m)は、0.6気圧の低圧低酸素環境であり、急性高山病の発症機序の解明に最適なところである。